人気ブログランキング |

郁子のひとり言をブログにしました。


by kawaikuko

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

運動会を終えて

平成19年9月22日に行われた運動会には、たくさんの保護者の方やおじいちゃん、おばあちゃんに参加していただきありがとうございました。子どもたちは元気いっぱいで、楽しい運動会を行うことができました。
また、3月に保育園を卒園した子どもたちも、久しぶりに集まり再会を喜んでいました。
当日は雲が多く、湿った風で蒸し暑い一日となり、体育館は少し暑苦しい感じもありましたが、MHナーサリーでは、毎年、桜城小学校の体育館を借りて行うことにしています。それは、0歳児も一緒に、全員で運動会を楽しみたいという思いと、雨が降って延期という事態を避けたいからです。
運動会の練習は保育園で行いますが、ほとんどの子どもが、当日、初めて体育館でかけっこやお遊戯を行います。場所が変わることで戸惑うこともあるようですが、その場に応じて行動できるたくましさも育ってきているようです。

1歳児、2歳児では、恥ずかしがったり、お母さんから離れられずに、せっかく練習した成果を出せずにいた子も、年齢とともに堂々と、演技できるようになります。
そのような成長の過程を楽しむことも大切なことだと考えています。
3歳以上の子ども達は、競技数も多い中、一生懸命取り組みました。5歳児の子ども達はナーサリーのリーダーとしての自覚も芽生え、最後まで頑張る姿を見せ、年長児らしさを感じさせてくれました。
保育園での最後の運動会をやり遂げた満足感は子どもの心にしっかり残るものだと思います

運動会でお家の方からたくさんの声援を送られることや、家族が一緒に競技に参加して
楽しむことが、子どもにとっても、うれしい体験なのです。
12月にはアイーナホールでお遊戯会があります。以前にも増して一段と成長した姿が見られることと思います。ぜひ楽しみにお待ちくださいね。

なお、屋上に待望の砂場が完成いたしましたので、見学をご希望の方はご案内しますので、職員までお知らせください。


2007.10.1 Ikuko Kawamura
by kawaikuko | 2007-09-30 16:17

最近の子どもたちは

最近の子どもたちは、昔の日本人の食生活では考えられないほどの大量の油脂をとり、また、油をおいしいと感じるようになったと言われています。
実際、マヨネーズを、何にでもかけて食べる「マヨラー」の増加など、同じ日本の食文化で育ったはずの子どもたちが、親世代とは、違った食行動をとり始めています。よく「いもの煮ころがし」は「おふくろの味」と言われますが、それは幼いころから何度も数多く食卓に出てなじんだ人だけに通じることです。一度も食べたことがなければ、決して「おふくろの味」にはなりません。「今日も忙しいから○○カレー」となれば、一番たくさん食べたものが、その人にとって「おふくろの味」、一番なじんだ味として定着していくようです。
食の経験の幅が少なければ、大きくなっても、色々な味になじんでゆくのが難しいかもしれません。子どもの将来の食の影響を考えると、一人一人の子どもの食の体験が大切なのではと思うのです。
そのようなこともふまえ、ナーサリーでも8月から給食の献立を新しくしました。
栄養価も含め、色々な食材や料理の種類を経験させたいと考えています。給食は一日3食のうちの大事な1食、園ではおいしい!と思う味を子どもに伝えていきたいと思っています。初めは戸惑うこともあるかもしれませんし、苦手なものもあるかもしれませんが、あまり強制せず、ひとくちでも挑戦できたら、ほめてあげるようにし、全部食べたら「お皿がピカピカだね」と保育士が認めてあげるようにしています。
もちろん、苦手なものばかりではありません。新しいメニューの中でもコロッケバーガーやポパイチャーハンなどは、子どもたちに大人気で、歓声があがりました。また、食育とまではいきませんが、どんどん、ぴかぴか組の子ども達は、その日、出された食材についてみんなで学んでいます。例えば血や肉になる「赤のなかま」、パワーを生み出す「黄色のなかま」、体の調子を整える「みどりのなかま」などカードを使って勉強しています。
そのような中で、バランスよく食べることの大切さを学んでいるようです。
育ち盛りの元気な子どもの健康には、食事中の栄養素の働きだけでなく、いつ何を食べたのか、楽しく運動ができたのか、早寝して十分な睡眠をとったのかなど、生活習慣のさまざまな面が関連してきます。特に朝食の大切さを理解し、朝食をきちんと食べる習慣を身につけたいものです。朝食ぬきで登園すると、ボーっとする、イライラする、集中できず落ち着きがない、朝、排便しない、というようすが見られます。また、実際、遅く起きることにより、保育園の給食をほとんど食べることができなかったり、お昼寝もスムーズにできず、集団生活のリズムに、なかなかのれない、という状態があるようです。
子どもの成長を考え、早寝早起きで十分な睡眠をとり、一日3度の食事を規則正しくとるようにしていきたいものです。

2007.9.1 Ikuko Kawamura
by kawaikuko | 2007-09-01 13:10