人気ブログランキング |

郁子のひとり言をブログにしました。


by kawaikuko

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

お遊戯会を終えて

12月23日の「ぽかぽかおゆうぎ会」にはたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
アイーナホールでの「おゆうぎ会」は今年で2回目ですが、いつも子ども達の堂々とした演技に驚かされます。ナーサリーでの練習は毎日のように行っていますが、アイーナホールでは当日が初めての演技となります。始まる前に少しだけ場所の確認をするクラスもありますが、ほとんどが「ぶっつけ本番」なのです。幕が開いた瞬間ビックリして泣く子もいるのかなと思いましたが(もちろん、そういうことも経験のひとつなので良しと考えています)むしろ、ニコニコと普段の練習以上の力を発揮してくれる子ども達でした。
遊戯、劇、オペレッタなど年齢に合わせた内容を考え、役を決め指導に当たった保育士たちは、お面作りから、大道具、衣装の製作と休日返上で臨んでいました。また子ども達もその思いに応えるように一生懸命練習に励んでいました。うまくいかないことや、いやになったこともあったかと思いますが「頑張る」ことの大切さや、やり遂げることの「達成感」も、子どもなりに感じたことと思います。
これからも、日々の保育はもちろんですが、決して多くはない行事のなかでも、楽しみながらたくさんのことを学んでもらいたいと思っています。
そして、今回も保護者の方からお遊戯会の感想をお寄せいただきました。
「すばらしかった」「感動した」「途中でのビデオ上映で、子どもの普段の様子がわかって良かった」など、たくさんのご意見をいただき、私たちもうれしく思っています。また来年につながる貴重なご意見もありましたので、しっかりと活かしていきたいと考えています。
年長組は卒園まであと数ヶ月となりましたが、ナーサリーでの思い出がいっぱいになるような、楽しい日々を過ごしたいと思っています。


2008.1.4 Ikuko Kawamura
by kawaikuko | 2008-01-04 23:09
ナーサリーでは11月から4歳児5歳児のどんどん組、ぴかぴか組が希望者を対象にスイミング教室に通うことになりました。体を鍛えるという意味でも良い活動であると思っています。実際、一回目の教室が16日にありましたが、みんなとてもはりきっていました。
また、ぴかぴか組は小学校の入学に向けて、少しずつ昼寝の時間も短くして、その時間で「あいうえお」のノートで字の勉強をしたり、製作活動や独自の活動を取り入れていきたいと考えています。
保育園の良い点は保育時間が長く充実していることです。もちろん年齢によって活動内容は違いますが、のんびりと過ごす時間の中で、友だちとのかかわりを深めながら、色々なことに取り組めることだと思います。
私は20年ほど幼稚園教諭をしておりました。幼稚園は8時半に登園し、自由遊びや個々の活動の後、10時に始まり、11時45分頃まで中心活動があります。
その後、給食を食べて、少し静かな時間を過ごし(絵本や紙芝居)1時40分に幼稚園バスが出発します。(幼稚園によって多少の違いはあります)
MHナーサリーでは午前中の活動は、ほとんど幼稚園と変わらない活動内容ですが、給食の後、昼寝がありますので、少し体を休め、午後からまた思い思いの活動に取り組むこともできます。そういった時間を有意義に活用し、中国語や英語、または手話などにも取り組んでみたいと考えています。子どもは、遊びを通した活動の中で学んだものは、自然に身についていくものです。
私も今、ぴかぴか組の子ども達と「お遊戯会」に向けて「1剣」という踊りの練習をしています。少しずつ踊りの楽しさがわかってきたのか「もう一回、もう一回」と練習をせがむ姿がみられます。

このような、3歳以上のクラスの活動とは別に、0歳から1、2歳児は家庭の延長のような雰囲気の中で安心して過ごし、自分を受け入れてもらったり、思いやりの心を学びながら、友達と過ごす楽しさを感じさせたいと考えています。これからも、ナーサリーらしさを大切にしながら子ども達とかかわっていきたいと思っています。

2007.12.1 Ikuko Kawamura
by kawaikuko | 2008-01-04 23:07