人気ブログランキング |

郁子のひとり言をブログにしました。


by kawaikuko

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

運動会を終えて

20日の運動会には、たくさんの保護者の方にご参加いただき、ありがとうございました。
MHナーサリーの運動会は今年で3回目です。毎年、桜城小学校の体育館をお借りして行っています。子ども達にとっては、演技や競技の練習は保育園で行い、当日小学校の体育館で初めて行うものなので、少し不安もありますが、いつも堂々と競技や演技をしてくれる子どもたちに、わたし達のほうが感動をもらいます。
約2ヶ月をかけて準備や練習を重ねてきましたが、殆どの物が先生達の手作りです。そんな先生の頑張る姿を、子ども達もしっかり見ていてくれたと思います。
実は今回の運動会に向けて、年齢に分けた目標を立てました。「0、1、2歳児は運動会が楽しいなという気持ちを味わえるようにしましょう」「3、4、5歳児はみんなでひとつのことをやり遂げる達成感を味わえるような指導をしましょう」というものです。0、1、2歳児は、お家の方と一緒に走ったり踊ったりした運動会を、きっと楽しいと感じてくれたと思います。
当日、なかなか、かわいく踊っている姿を見せてくれないと思った方もいたかもしれませんが、練習の時は、みんな、とても上手に踊れていたことをお知らせしておきます。また、3,4、5歳児は練習の成果をしっかりお家の方に見ていただくことで、自分に自信を持ち、一つのことをやり遂げる達成感を味わえたのではないかと思います。
保育園によっては0歳児は運動会に参加しない園もあると聞きますが、ナーサリーでは、すべての行事に全員参加を心がけています。
以前にこの「園長室から」でもお伝えしましたが、子どもたちにはできるだけ、色々な経験をさせてあげたいと思います。経験の少なさは、新しいことに出会ったとき、過度の緊張感を味わいます。過度の緊張感の結果、やればできるのに頑張ろうとせず、根気や集中力に欠けるという姿も見られるといいます。
「失敗をたくさんすること」、「頑張ったらできたという気持ちを持つこと」、「友達や先生に認められること」、「できなかったら助けを求めればいいということ」など、たくさんの経験が子どもの成長を促すのだと思います。
お家の方も、お子さんが頑張ったことは、おおいに褒めてあげてください。あまりうまくいかなかったとしても、認めてあげてください。できなかったとしても、「次は頑張ればいいよ」と声をかけてあげてください。

2008.9.30 Ikuko.Kawamura
by kawaikuko | 2008-10-01 20:53