人気ブログランキング |

郁子のひとり言をブログにしました。


by kawaikuko

<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「サプライズ」

6月19日の朝2階の保育室にいつものように入って行くと、まず初めに「すくすく組」の子どもたちが「園長先生あのね〜」と集まって来てくれました。「なあに〜」と言うと「あのね〜園長先生のお顔ね」と言うので「うん?」と私が言うと、担任の先生が「さ〜お着替えしようね」と声をかけました。何を言おうとしていたのかなと思いながら3階の保育室へ。3階の子ども達も私を見ると、どこか緊張した面持ちで「し〜」と目配せ。私は「なんか変だな」と思いつつも事務室に帰ってきました。
給食、お昼寝と時間が過ぎ、3時半頃に「園長先生、ちょっとすくすく組さんに来てください」とお呼びがかかりました。入り口のドアを開けようとすると中の様子がいつもより暗い感じです。中に入ってびっくりしたのです。そこには全クラスの子ども達が、静かに整列し、かたずを呑んで私を見ていました。一瞬何が起こったのか分からずに、キョトンとしてしまいました。「ハッピー^バースデー」の曲にあわせて全員が手拍子をしています。「園長先生お誕生日おめでとう。この赤いジュウタンの上を歩いて、ここに座ってください。」と案内されました。目の前には、いつもお誕生会で使用するケーキが準備されローソクの火を消すように言われました。ローソクの数は私の年には到底足りないものでしたが、一気に吹き消しました。次に各クラスからプレゼントをいただきました。ころころ組は、子どもたちの似顔絵を先生が描き、メッセージを添えてありました。ぴよぴよ組は、ケーキやクッキーの形に子ども達のかわいい写真が貼ってあります。すくすく組は、私の顔を貼り絵にしてくれました。わくわく組は、かわいいハートの中に顔を描いてくれました。どんどん組は、顔を描いて、そこに「園長先生の好きなところ」という言葉が添えてありました。表紙には、担任の紀子先生が、四つ葉のクローバーをわざわざ野原に取りに行って貼ってくれたものでした。ぴかぴか組は、一人一人が自分で作った切り絵と顔を描いてくれました。どこのクラスも思いのこもった素晴らしいプレゼントで、私は思わず涙がこぼれました。
いつから計画して、コツコツと準備をしていたのでしょう。子どもたちは自分の胸にしまいきれず、ドキドキした日を過ごしたことでしょう。誕生日の歌も小さな声で練習したと知りました。
すくすく組の子どもたちは「園長先生のお顔ね〜」の後に「お顔みんなで作ったよ」と言いたかったのです。3階の保育室を訪ねた時のみんなの様子が、どこか落ち着かず、そわそわしていたのも、このことだったのだと分かりました。私にとって、五十数年の生涯の中で一番の、素晴らしい誕生日になりました。こんなに優しい子ども達と、温かい先生たちに囲まれて日々を過ごすことが
できる幸せを改めて感じているこの頃です。


2009.7.1 Ikuko.Kawamura
「サプライズ」_e0105499_12392361.gif

by kawaikuko | 2009-07-01 16:43